【名護】名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が県の許可区域外でサンゴ礁を破壊している可能性が高いとして翁長雄志知事が一部作業の停止を指示した件で、名護市議会(屋比久稔議長)は20日の臨時会で防衛局に対し知事の指示を尊重し、作業停止を求める意見書案を賛成多数で可決した。あて先は首相ら。

 一方、米軍キャンプ・シュワブ内で10日未明から早朝に発生した爆発音に対する抗議と訓練の即時中止を求める意見書、決議両案を全会一致で可決した。