沖縄防衛局が名護市辺野古の新基地建設で進める海域の岩礁破砕をめぐり、沖縄県が求めた一部停止の指示に対し、従来の主張通り手続きに問題はなかったと回答した。県が問題視する大型ブロックの投入は浮標の一部で許可は不要と確認したと主張。