沖縄タイムス創刊70周年プレ企画「夢の種まきプロジェクトMASAマジック小学校巡回事業」(主催・沖縄タイムス社、協賛・沖縄銀行、ざまみダンボール、ワオ・コーポレーション)が12日、恩納村立喜瀬武原小学校(我那覇隆三校長)であり、2~6年の22人がMASAさんのマジックに歓声を上げた。同事業は10校目。

児童を代表してMASAさん(右)からトランプを引く郷原秀斗君=12日、喜瀬武原小学校

 MASAさんは「夢を諦めてはいけない。口に出して信じることが大事」と話すと、客室乗務員が夢という6年の外間穂華さん(11)は「英語をたくさん勉強し、MASAさんのように夢がかなえられるよう頑張りたい」と目を輝かせた。

 この日が誕生日で、サインしたトランプが未開封のペットボトルの中に入るマジックを目の前で体験した6年の郷原秀斗君(12)は「自分もマジックを練習し、友達を驚かせたい」と笑顔で話した。