来年1月の名護市長選で、自民党県連名護市支部から立候補要請を受けていた北部地区医師会副会長の宮里達也氏(66)が、辞退の意向を示した。医師不足に悩む北部医療の充実を訴えることで、新基地建設問題の最大争点化を避ける戦略で臨める「ベストの候補者」だっただけに、関係者に衝撃が走った。