沖縄県三線製作事業協同組合(渡慶次道政理事長)と旅行代理店の富士ツーリスト(玉城浩二代表取締役)は20日、同三線組合で本格三線作り体験のモニターツアーを始めた。県の沖縄感動体験プログラム実証事業の一環。22日まで。

渡慶次理事長(左)から三線作りの指導を受けるひーぷーさん=20日、同組合店舗

 タレント・演出家の真栄平仁(ひーぷー)さんや民謡歌手、三線教室の関係者など8人が参加。真栄平さんは「もともと工作が好き。三線の歴史も知ることができ大事な文化だとあらためて気づいた。これを機に習いたい」と話した。

 同組合の渡慶次理事長は「3日間でみんなが満足できる三線を作る。観光客に広めていきたい」と期待した。