「プロの世界でそうチャンスはない。常に緊張感を持って臨みたい」。プロ2年目の嶺井博希(23)=沖尚高-亜大出=は、開幕1軍を懸けた激しい競争の真っ最中にいる。正捕手は、昨季109試合に出場した黒羽根が最有力。2番手の座を他の選手と競う嶺井は「とにかく今の力を全部出す」と首脳陣へのアピールに必死だ。