プロバスケットボールTKbjリーグ西地区首位の琉球ゴールデンキングスは21日、松江市総合体育館で同地区7位の島根スサノオマジックと第35戦を行い、71-77で敗れた。キングスの連勝は3で止まり、通算成績は29勝6敗。キングスは最大23点差を追い上げ、第4Q終盤で同点としたが、逆転できなかった。

 第1Qから島根に3点弾、2点弾を高確率で決められ、17点差をつけられた。30-46で迎えた第3Qは、岸本隆一、小菅直人の3点弾、山内盛久の巧みなシュートで52-55と詰め寄り、第4Qで一時は追いついたが、要所でミスが重なった。

 次戦は22日午後1時から、同体育館で同カードを行う。(観客数1849人)