9秒でまるわかり!

  • 那覇空港を第2の拠点と位置付けるピーチ
  • 那覇発着は、関西、台北、福岡に続き4つ目
  • 週4便でスタートし、今後は週7便も視野

 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは21日、那覇-香港線を就航し、那覇空港のLCC専用ターミナルで記念式典を開いた。同社が関西空港に次ぐ「第2の拠点」と位置付ける那覇空港発着の路線は、関西、台北、福岡線に続き四つ目となる。

那覇発の初便の前で手を振るピーチ・アビエーションの井上慎一CEO(右から2人目)ら。左端は観光PRキャラクター「マハエちゃん」=21日、那覇空港

 式典で井上慎一最高経営責任者(CEO)は「(2021年度に)観光客1千万人という沖縄県の目標を前倒しできるよう貢献したい」とあいさつ。琉球舞踊の衣装を着た観光PRキャラクター「マハエちゃん」らが手を振って那覇発の初便を見送り、香港からの到着客は沖縄音楽で迎えた。

 香港線は週4便でスタートし、今後は週7便としたい考えだ。平均搭乗率は75~80%を見込む。