プロバスケットボールTKbjリーグ西地区首位の琉球ゴールデンキングスは22日、島根県の松江市総合体育館で同地区7位の島根スサノオマジックと第36戦を行い、100-69で勝利した。通算成績は30勝6敗。

 第1Q、岸本隆一が外から射抜くと、アンソニー・マクヘンリーが積極的にリングを攻めるなど、島根を圧倒。並里成から山内盛久につなぐ速攻も決まるなど31-18と主導権を握った。

 第2Qは要所でのターンオーバーで引き離せなかったが、後半は立て直し、金城茂之、キブエ・トリム、アンソニー・ケント、岸本がカウントワンスローを沈める3点プレーを決めるなど攻め続けた。

 次戦は28、3月1日に高松ファイブアローズとアウェー2連戦を行う。(観客数2029人)