9秒でまるわかり!

  • 来年3月の配備完了に向け追い風になった
  • 推進派の外間町長は協力姿勢をさらに強める構え
  • 市町村による自衛隊誘致は沖縄で初めてとなる

 【与那国】陸上自衛隊沿岸監視部隊配備の是非を問う与那国町の住民投票は22日投開票され、賛成632票が、反対445票を187票上回った。当日有権者数は1276人、投票者総数は1094人で投票率は85・74%。有効投票総数は1077票で、賛成票が過半数の58・7%を占めた。

勝利の知らせを受け、「自衛隊に賛成する会」が万歳した=22日午後9時半ごろ、与那国町祖納地区

与那国町住民投票 開票結果

勝利の知らせを受け、「自衛隊に賛成する会」が万歳した=22日午後9時半ごろ、与那国町祖納地区 与那国町住民投票 開票結果

 今回の結果を受け、推進派の外間守吉町長は協力姿勢をさらに強める構えだ。沖縄防衛局は昨年5月に造成工事に着手しており、来年3月の配備完了に向け、追い風になる。

 県内では米軍基地をめぐり、1996年県民投票、97年名護市民投票が実施されている。今回は自衛隊配備に関する住民投票だが、基地建設に前向きな意思が示されるのは初めて。県内で市町村が誘致する自衛隊配備も初めてになる。