岩合光昭写真展「ねこ」(主催・沖縄タイムス社、共催・浦添市教育委員会、主管・沖縄タイムスサービスセンター、協賛・オリンパス、沖縄展協賛・オム・ファム、ざまみダンボール)が15日、浦添市内の浦添市美術館で始まった。沖縄初開催で、9月3日まで。沖縄タイムス創刊70周年プレ企画、沖縄タイムスサービスセンター創立35周年企画。

ネコの写真に見入る観覧者ら=15日、浦添市美術館

ネコの写真に見入る観覧者ら=15日、浦添市美術館

ネコの写真に見入る観覧者ら=15日、浦添市美術館 ネコの写真に見入る観覧者ら=15日、浦添市美術館

 午前9時半の開館から多くのネコファンや動物好きが詰め掛けた。動物写真家の岩合さんが40年以上かけて撮影したベストショット181点に見入ったり、持ち込み写真の展示ブースで、自慢のネコ写真を貼り付けるなど、ひとときの「ねこタイム」を楽しんだ。

 浦添市の平良典子さん(32)、胡日乃ちゃん(10)=浦城小5年、梨日人君(9)=同小3年=親子は「120%満足した」と笑顔。胡日乃ちゃんは「雪の中で遊んでいる写真が好き」、梨日人君は「チラシのジャンプしているネコがかわいい」と話した。

 22日は午前11時と午後2時に岩合さんのギャラリートークとサイン会がある。

 入場料は一般800円、小中高400円。問い合わせは沖縄タイムス社文化事業部、電話098(860)3588。