【南城】サイクリングとウオーキングで世界遺産や地域の文化、自然を体感するスポーツイベント「おきなわECOスピリットライド&ウオークin南城市」(主催・沖縄タイムス社、共催・南城市)が22日、同市のユインチホテル南城をスタート・ゴール地点に催された。参加者は自分のペースで名勝や史跡を巡り、癒やしの里で、心と体を“健幸”にした。

景観を楽しみながら家族や友人同士で歩く参加者=南城市佐敷新里・沖縄のみち自転車道(松田興平撮影)

■「聖地でパワーもらった」

 南城市の歴史遺産や文化、自然を楽しむ「おきなわECOスピリットライド&ウオークin南城市」。心地よい風が吹くサイクリング、ウオーク日和の下、お年寄りから子どもまで参加者たちは、風景を楽しみながら思い思いのスタイルで心地よい汗を流した。

 巨大な岩が三角形を造る聖地「斎場御嶽(せーふぁうたき)」では、三庫理(さんぐーい)から見える久高島に向かって手を合わせる参加者もいた。

 小中高校の同級生同士という南城市の知念ひとみさん(31)、具志堅晴香さん(31)は完走できなかった「尚巴志ハーフマラソン」のリベンジにとウオークの20キロに出場。「聖地でパワーをもらった」と笑顔で話した

■協力お礼

 「おきなわECOスピリットライド&ウオーク」は成功裏に終了しました。沿道で応援した県民の皆さまをはじめ、ボランティア、大会関係者のご協力に感謝申し上げます。

主催 沖縄タイムス社

共催 南城市