元プロレスラー、格闘家の高田延彦氏が主催する「高田道場ダイヤモンドキッズカレッジ」が22日、浦添工業高校体育館で行われ、約240人の小学生が参加した。

レスリングの構えを指導する高田延彦氏(右)。左端は向井亜紀氏=浦添工業高校体育館

 同カレッジは、レスリングの要素を取り入れた独自の体操教室として2006年から全国各地で開催。今回が通算64回目で、沖縄初開催となった。

 子どもたちは四つのグループに分かれ、県内の高校レスリング部所属の選手らを相手にレスリングの基本のタックルなどを行い、約3時間、汗を流した。

 2人の小学生の父親でもある高田氏は「この年代にとって最も大事な事は、どんどん体を動かすこと。今後も自分たちの思いを伝えていきたい」と今後の沖縄開催に意欲を見せた。(花城克俊)