【東京】菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で、陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備の賛否を問う住民投票で賛成票が多数を占めた結果を受けて「計画通り部隊配置を実現するために、淡々と進めていきたい」と配備推進の方針を示した。

 名護市辺野古で新基地建設に反対する運動のリーダーら2人が刑事特別法違反の疑いで逮捕されたことに、事実は承知しているとした上で「捜査中なのでコメントを控えたい」と述べた。

 普天間飛行場の辺野古移設には、「埋め立て承認の許可を得た。法治国家として粛々と行うのは当然ではないか」と述べた。移設に反対する翁長雄志知事との面会の意思は「(東京に)来られて、日程の調整がつけば」との考えを示した。