2017年(平成29年) 11月18日

沖縄タイムス+プラス ニュース

甲子園1番乗りは興南か美来工科か 沖縄大会きょう決勝

 第99回全国高校野球選手権沖縄大会第10日は15日、沖縄セルラースタジアム那覇で準決勝を行い、興南と美来工科が決勝に進んだ。興南は2年ぶり19度目、美来工は前身の中部工業以来38年ぶり2度目の決勝進出。決勝は16日午後1時から同球場で行われる。

試合開始は午後1時予定

 興南は0-0の五回表、1死一、三塁に捕逸で先制。さらに里魁斗が右前適時打を放ち加点、糸満を2-0で下した。エース川満大翔が8回1/3を投げ、7安打無失点と粘投した。

 美来工は初回に山川倫輝の適時二塁打で先制。四回には代打の玉城幸人が満塁本塁打を放ち5-0とリード。五、六回にも追加点を挙げ、八重山農林に8-0でコールド勝ちした。

 優勝校は8月7日開幕の夏の甲子園に出場する。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス