【東】東村議会(安和敏幸議長)は23日午前の臨時会で、村高江の米軍北部訓練場N4地区に新設されたヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)の使用禁止を求める意見書と抗議決議を全会一致で可決した。ヘリパッド建設に関連した抗議決議は2006年以来で、使用禁止を求めるのは初めて。伊集盛久村長はこれまで、ヘリパッド建設に容認の姿勢を示している。

 意見書と抗議決議では、同訓練場のN4地区の着陸帯の使用禁止と合わせて、AH1ヘリの装備品落下事故の原因究明と事故防止策を明らかにするまで同型機の飛行を中止することを求めている。

 村議会は同日午後3時、沖縄防衛局を訪れ、意見書を手渡す。