沖縄美ら島財団(本部町、花城良廣理事長)がパイナップルの成長活発な細胞を取り出して増殖させ、無菌培養でクローン苗を増やす研究に取り組んでいる。安定的に良質な苗を農家に提供することで、パイナップルの品質向上と増産を図るのが目的。技術を確立し、数年後の実用化を目指している。