全日本プロレスは4月5日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで「2015チャンピオンカーニバル」を開く。全国各地であるリーグ戦の開幕戦で、ジュニアヘビー級(105キロ未満)に出場する中島洋平が23日、沖縄タイムス社を訪れ、来場を呼び掛けた。

チャンピオンカーニバルへの来場を呼び掛ける全日本プロレスの中島洋平=沖縄タイムス社

 ヘビー級(105キロ以上)には曙や3冠王者の潮﨑豪、14年大会準優勝の秋山準らが出場する。

 中島は北海道出身の29歳。08年旗揚げの沖縄プロレスでは、「めんそーれ親父」のリングネームで覆面レスラーとして活動した。12年からフリーになり、昨年9月に全日本所属となった。「沖縄の4年間がなければ今はない。第二の故郷で、頑張っている姿を見せたい」と意気込みを語った。

 ネーブルカデナを拠点に活動する琉球ドラゴンプロレスのグルクンマスクも参戦する。

 午後3時試合開始。前売り券は2千~1万2千円。問い合わせは全日本プロレス、電話045(532)6701。