【南城】沖縄の稲作発祥地といわれる南城市玉城百名の泉「受水(うきんじゅ)走水(はいんじゅ)」で23日、伝統行事「親田(うぇーだ)御願(うがん)」が行われた。仲村渠区の男性3人が豊作と健康を願い、約20平方メートルの田んぼ「親田」に稲を植え付けた。

豊作と健康を願って稲を植える仲村渠区の青年ら=23日、南城市玉城百名(天久仁撮影)

 行事は毎年旧正月直後の午(うま)の日に行われている。区の代表が泉の敷地内にある「米地(めーじ)」「受水」「走水」「親田」の各拝所に手を合わせた後、地域住民や小学生らが見守る中、稲を植えた。

 田植えを終えた区民らは近くの「祝毛(ゆーえーもー)」へ移動し、稲の伝承などを詠んだ「天親田(あまうぇーだ)のクェーナ」を歌って豊作を祈願した。

 今年初めて田植えに参加した新里玲王奈(れおな)さん(40)は「伝統ある行事を手伝えて光栄。泥を踏む感覚が気持ちよかった」と話した。仲村渠区の喜名健区長(59)は「行事を無事に済ませてうれしい」と喜んだ。