那覇市議会(金城徹議長)は23日午前の市議会2月定例会の本会議で、辺野古新基地建設に伴う大浦湾や辺野古周辺海域、キャンプ・シュワブゲート前での海上保安庁と県警の市民らへの過剰警備に抗議し、政府・沖縄防衛局の埋め立て作業の即時中止を求める意見書案を賛成多数(賛成33人、反対4人)で可決した。

 意見書では昨年の市長選や知事選、衆院選沖縄選挙区で建設反対の候補者が当選したことに触れ「県民の圧倒的民意は示されている」と強調。新基地建設のためにフロートを固定するトンブロックの海への投入、海保や県警の過剰警備を「やめるよう求める」と批判した上で「強権的に新基地建設を強行することは民主主義に反する行為で断じて許されない」とし、新基地建設の中止と米軍普天間飛行場の閉鎖・撤去を求めている。

 宛先は衆参両院議長、首相、外相、防衛相、第11管区海上保安本部長、県警本部長ら。

 意見書は保守系会派の新風会、共産、社民、社大、無所属の会の代表が共同提案。公明、ひやみかち那覇・無所属の会、なは民主も賛成した。