【東京】中谷元防衛相は24日午前の閣議後会見で、名護市辺野古での新基地建設に反対する市民2人が逮捕されたことについて「事業者として非常に残念。許可なく提供施設区域内に入ることは法律でもできないので、くれぐれも自重してほしい」と述べた。

 逮捕が不当との指摘があることに対しては「県警と米軍で適切に処置されたと認識している」と述べるにとどめた。

 県が24日から予定していた海域の現地調査については、「要求が県から突然なされたことは、不当で遺憾」と、岩礁破砕やブロック設置の手続きは適切に進めてきたとの認識を示した。県が求めた資料提出は「準備した上で、追って提供していきたい」と述べた。