【名護】ローソン沖縄は24日、県内全店舗でやんばる産のスパイスや豚肉などを使った「やんばるスパイスカレー」を発売した。8千食限定。価格は税込み498円。

やんばるスパイスカレーの発売をPRする「やんばる畑人プロジェクト」の芳野幸雄代表(左から2人目)ら=24日、名護市役所

 主に本島北部で地産地消に取り組む「やんばる畑人プロジェクト」(芳野幸雄代表)製造のスパイスや、我那覇畜産(名護市)の「やんばる島豚」を使ったメンチカツやウインナー、名護産の鶏肉を使用している。

 芳野代表らが同日、名護市役所に稲嶺進市長を訪ねて報告、「プロジェクトは地元には浸透してきたが今回の発売で、県内全域にやんばるのおいしさが伝わればうれしい」と喜んだ。

 ローソン沖縄商品部の島尻工シニアマーチャンダイザーは「コンビニは情報発信の役割も持っている。地元のいいものを掘り起こして地産地消を進め、少しでも生産者の力になれれば」と話した。

 試食した稲嶺市長は「辛さもちょうどいい」と評価、「今後も工夫、連携してやんばるの商品を展開してほしい」と期待した。