4月新設のワシントン駐在員に内定した県の平安山英雄政策参与(66)が24日、沖縄タイムスのインタビューに応じた。名護市辺野古の新基地建設反対などについて県民の声や翁長雄志知事の考えを「米国へ正確に伝えたい」と意欲を示した。 -23日に辞令を受けた。 「重責を担い、体が震えるぐらい緊張した。