泡瀬沖合埋め立て事業が環境に与える影響を議論する「中城湾港泡瀬地区環境監視委員会」(委員長・上原方成琉球大名誉教授)が11日、那覇市内であった。泡瀬干潟でアオノリが大量に発生し、大量の貝の死骸が見つかった問題で、沖縄総合事務局は「人工島の埋め立て事業の影響ではない」との認識を示した。