国立劇場おきなわの自主公演「琉球舞踊鑑賞会」が8日に開かれた。今回は男女のコンビ舞踊「打組踊」に焦点を当て、若手から家元、会主までの12組が雑踊や創作を披露。呼吸の妙や多種多様な手技、リズムの組み合わせをみせる踊りの魅力を紹介した。