県議会2月定例会は25日、代表質問が始まり、自民の3氏が登壇した。翁長雄志知事は、新基地建設に関する前知事の埋め立て承認への対応で「瑕疵(かし)の有無を検証する第三者委員会の方向を踏まえ、承認の取り消し、または撤回を検討する」との考えをあらためて強調した。町田優知事公室長は、知事が第三者委の検証作業が終わるまで海上作業を中止するよう国に要請したにもかかわらず、作業が進んでいる現状に「遺憾だ」と不快感を表明した。いずれも具志孝助氏への答弁。

県議会代表質問で答弁する翁長雄志知事=25日午前

 県は国に(1)海上作業の継続(2)許可区域外に設置したアンカーがサンゴ礁を破壊している可能性が高い-ことなどを問題視。翁長知事は岩礁破砕許可の取り消しも検討している。