第87回選抜高校野球大会(3月21日から12日間、甲子園球場)に出場する糸満の上原忠監督や池間誉人主将らが25日、沖縄タイムス社を訪れ、健闘を誓った。県勢の春の甲子園出場は3年連続で、糸満は初出場となる。

選抜高校野球での活躍を誓う糸満高野球部のメンバーら=沖縄タイムス社

 2011年夏の大会は1回戦負け。上原監督は「学校関係者での合言葉は『甲子園で校歌を歌おう』。県民の期待を背に堂々と戦いたい」と甲子園初勝利に向けて意気込んだ。

 昨秋の九州大会準優勝でセンバツ行きを決めた選手たちも、気持ちを新たにした。池間主将は「甲子園は小さなころから憧れた夢の舞台。常連校に名前負けしないようにしたい」、エースの金城乃亜は「緊張感を保ちながら自信を持ってやっていきたい」と力強くコメント。昨秋の公式戦で、センバツ出場32校中、最高打率の6割3分2厘をマークした大城龍生は「浮足立たず、しっかりとプレーして優勝を目指す」と胸を張った。

 組み合わせ抽選会は3月13日午前9時から毎日新聞大阪本社オーバルホールで行われる。