名護市辺野古のキャンプ・シュワブ工事用ゲート前では7日、新基地建設に反対する市民ら約20人が座り込み「4年目の闘いが始まった。基地を造らせない思いで頑張ろう」と訴えた。 この日は計4回、ゲート内に石材を積んだダンプや生コン車両延べ115台が搬入。