【鹿児島市で照屋剛志】鹿児島市に本店を置く鹿児島銀行の上村基宏頭取は26日、鹿銀本店であった会見で沖縄での支店開設の時期について「10月までに出たい」と述べた。出店の判断は「6、7月ごろ」と述べ、遅くとも今夏までに決める方針。支店開設の可能性は「今のところ9割近い」と強調し、実現に向け議論を進める考えを示した。

報道陣を前に沖縄支店開設に意欲を見せる上村頭取(右端)=26日、鹿児島市・鹿銀本店

 鹿銀は昨年9月から職員を沖縄に送り、市場調査を実施。今月上旬から行内で議論を始めている。

 支店の規模は「最低でも5人は置きたい」とした。業務内容は検討中としながらも「まずは個人向けを中心にやりたい」とし、個人向け融資で足場を固めた上で法人融資にも業務内容を広げたいとした。

 鹿銀は肥後銀行と経営統合を目指しており、10月に持ち株会社を発足させる。沖縄支店は「将来的には両行の看板を掲げる可能性がある」と述べ、肥後銀行の沖縄進出の可能性にも言及した。

 ただ、持ち株会社は営業活動が認められていないため、「海外などで活動する場合、鹿児島と肥後の二つがあるとお客さまに誤解を与える可能性がある」とし、「将来的には第三の銀行を持ち株会社の傘下に置くことになるだろう」と話した。沖縄でも新たに設置する第三の銀行が営業活動することになりそうだ。