女性は改選前の7人を上回り、過去最多の9人が当選した。当選者のほとんどが子育て支援や福祉の充実など生活者視点の政策を掲げ、市政への反映に意欲を示した。 無所属で初当選した奥間綾乃さん(39)は「この当選を宿命と受け止めている。初めてのことでプレッシャーもあるが、気持ちが一番だと思う」と決意。