ローソン沖縄(古謝将之社長)は18日、那覇市内ので記者会見し、県産食材を使用した食品10点を発表した。沖縄出店20周年を記念した取り組み。一部商品を除き、同日から県内214全店で販売を始めた。

沖縄出店20周年を記念したローソン沖縄の新商品=18日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

沖縄出店20周年を記念したローソン沖縄の新商品=18日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

沖縄出店20周年を記念したローソン沖縄の新商品=18日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

沖縄出店20周年を記念したローソン沖縄の新商品=18日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー 沖縄出店20周年を記念したローソン沖縄の新商品=18日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー 沖縄出店20周年を記念したローソン沖縄の新商品=18日、那覇市のANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー

 県産豚の焼き肉とゴーヤーチャンプルーの弁当(530円)や、黒糖スティックパイ(135円)、からあげクンのタコライス味(216円)など、オリジナル商品をそろえた。古謝社長は「沖縄カラーを前面に出し、今後も魅力ある商品づくりやサービスのレベルアップに努めたい」と話した。

 ローソンは1997年7月、沖縄に初出店し、全都道府県への出店を果たした。2009年にはサンエーと業務提携し、ローソン沖縄を設立。株式の51%をサンエーに譲渡し、エリアフランチャイズ化した。