沖縄防衛局の「環境監視等委員会」が、名護市辺野古沿岸部の大型ブロックによるサンゴ損傷に早急な説明を求めている。埋め立てに伴う環境保全を担保するはずの委員会がサンゴ損傷を予想もしていなかったことの裏返しといえ、防衛局の環境保全策のずさんさが浮き彫りになった。