【名護】名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らは27日、米軍キャンプ・シュワブゲート前で236日目の抗議活動を始めた。

テントの撤去を促す注意書を貼り出す北部国道事務所の職員=27日午前8時50分、名護市辺野古・キャンプシュワブゲート前

 内閣府沖縄総合事務局北部国道事務所から通告されていたテント撤去の期限は26日まで。北部国道事務所の職員が24時間体制で15分間隔で反対市民らが設置したテント前を見回っており、反対市民らは警戒を強めている。

 北部国道事務所の大城純一副所長が27日午前8時50分ごろ、テントや横断幕を含めた物件を直ちに撤去するようとの注意書を読み上げ、テント前10カ所に国道事務所が設置した看板に貼り付けた。