【東京】中谷元防衛相は27日の閣議後会見で、県が26日から始めた大型コンクリートブロック周辺の海底調査について、「一方的に調査を開始し、許可なく臨時制限区域内で調査を行ったことは甚だ遺憾だ」と述べ、県の対応を批判した。

 県は米軍の許可を必要としない臨時制限区域外で実施しているとしており、認識に違いが出ている。

 また、菅義偉官房長官は同日の会見で、海上作業について「県側と防衛省側との間で県漁業調整規則などを踏まえ、十分な調整を行った上で実施している」と強調。「ボーリング調査等の各作業について環境保全に万全を尽くしながら進めていきたい」と述べ、作業を継続する方針を示した。