英文で沖縄各地の言葉の全体像を紹介した「琉球諸語のハンドブック」が今月、刊行された。沖縄や欧米など、世界各国の琉球諸語研究者35人が参加し、計30章を執筆した。