【名護】名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らは28日も、午前6時半ごろからキャンプ・シュワブゲート前で抗議行動を始めた。

ゲートに入る車を止めようとする市民と警官がもみ合う=28日午前7時39分、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ

 午前7時すぎには、工事関係車両の進入を止めようとした市民が車両と接触し、一時騒然となった。けが人は出ていない。

 午前10時時点で市民は約80人。「テント村の強制排除は許さない」「工事を止めよう」と抗議の声を上げた。

 海上では、午前9時半ごろ、ヘリ基地反対協議会のダイビングチームがサンゴの状態を確認するため、調査に出発。海上での工事作業は確認されていない。