石川署は28日、金武町金武のアパート敷地内に正当な理由無く侵入したとして、いずれも米海兵隊キャンプ・シュワブ所属の伍長(21)と上等兵(21)の男2人を逮捕した。同署によると両容疑者の呼気からアルコールを検知。いずれも侵入の事実は認めたが、「間違って入った」「知り合った日本人を介抱するために入った」などと話し、容疑を一部否認しているという。

 同署の調べによると、両容疑者は27日午後10時45分ごろ、金武町金武の3階建てアパートの2階に住む会社員男性(46)宅のベランダに侵入した疑い。男性は1人暮らしで就寝中だったといい、ベランダで騒ぐ声に気付き、「警察を呼ぶぞ」と声を上げたら逃げ出したという。

 通報を受け駆け付けた警察官が近くの路上を歩いていた2人を発見、侵入の事実を認めたため緊急逮捕した。当時、現場には日本人男性も両容疑者と一緒だったが、現場から逃走。同署が行方を追っている。