2016年7月2日に、那覇市泊で生後間もない男児が置き去りにされた事件から1年が過ぎた。那覇署が保護責任者遺棄事件として捜査を続けているが、有力な手掛かりはなく「ささいなことでも情報提供を」と呼び掛けている。 県中央児童相談所によると、男児は「元気に育っている」という。