【北中城】北中城村の風物詩「第7回ひまわりIN北中城」が28日、北中城村熱田のしおさい公苑近くで開幕した。3月16日まで。

背丈が低く手のひらほどの花が一面に広がるヒマワリ畑=28日午後、北中城村熱田(金城健太撮影)

 当初は1月に始まる予定だったが、生育の遅れで2度延期した。現在は三分咲き程度。大人の膝に届かない高さがほとんどで、花もかわいらしい小ぶりで、多くのつぼみがついている。

 あいにくの曇り空の下、家族連れなどが、写真を撮って楽しんでいた。香港から旅行中のトレイシー・ンさん(29)は夫と路線バスで来た。「小さくてびっくりしたけど、かわいい」

 カメラを手に訪れた男性は「つぼみがたくさんあるので、来週また来たい。地面をはうようなヒマワリも面白い」と熱心に眺めた。

 例年、北中城中学校裏の畑で開かれていたが、今年は耕作放棄地約1万2千平方メートルを整備し会場を移した。