【仙台市で吉川毅】東日本大震災からもうすぐ4年。宮城県の名工として仙台市に陶芸窯「安養寺窯」を構える石川吉彦さん(69)=宜野湾市真志喜出身=はこの間、全壊した窯を修復したものの震災のストレスから体調を崩し、約40年の陶芸家活動を「辞めよう」と思ったこともあった。