【解説】米国務省で対日政策を取り仕切る東アジア・太平洋局の元日本部長が市民目線に立ち、基地が過剰に集中する沖縄の一般市民の感情に「米軍は心を閉ざす傾向がある」と語っていたことが明らかになった。米政府内でも在沖米軍基地をめぐる沖縄の現状認識に温度差があることを示す一端だ。