全日空(ANA)沖縄支社は11日、沖縄関係路線の6月の搭乗実績を発表した。旅客数は羽田−石垣、宮古などの離島直行便が好調だった影響で前年同月比5.3%増の62万5039人、提供座席数は一部路線の機材を小型化して効率化を図ったため4.1%減の88万592席、搭乗率は6.4ポイント高い71.0%だった。