【沖縄】泡瀬干潟の観察会が6月27日、泡瀬の海岸沿いで行われ、準絶滅危惧種のユンタクシジミ(ウロコガイ科)が見つかった。参加した地域の小学生が発見。観察会をサポートした泡瀬干潟の博物館カフェ「ウミエラ館」の屋良朝敏館長は「希少種が見つかるのは珍しく、驚いた。