名護市辺野古の新基地建設を巡って、県と政府が再び、法廷で争うことになった。 県議会は、6月定例会の最終本会議で、埋め立て工事の差し止めを求め県が政府を提訴するための議案を賛成多数で可決した。