1933年生まれの81歳、浦添市の羽地千代子さんが泊高校通信制を1日に卒業した。幅広い年齢層の生徒が学ぶ同校でも、80代は珍しいという。戦中戦後の混乱で、向学心さえ封印しなければならなかった若きころ。