2016年に県内で発生した会員制交流サイト(SNS)を利用した「児童ポルノ」などの犯罪で、被害に遭った18歳未満の子どもは35人と、前年比7人増の1・25倍に増えていたことが、県警のまとめで分かった。