町田優知事公室長は2日の沖縄県議会2月定例会一般質問で、名護市辺野古の新基地建設問題をめぐる前知事の埋め立て承認について「あくまでも(承認を検証する)第三者委員会の報告を踏まえて取り消し、撤回を検討するのが県の立場だ」と述べ、現時点での即時取り消し、撤回に否定的な考えを示した。具志堅透氏(自民)への答弁。

 具志堅氏は知事の諮問機関である第三者委員会は公正中立とはいえないと指摘し「そういった機関で検証してもあまり意味をなさない。世論をバックに撤回を求めてはどうか。本気度が問われる」と指摘した。

 翁長雄志知事は与那国町への陸上自衛隊配備をめぐる住民投票で賛成が反対を上回ったことについて「町民のしっかりした民意が出たと思っている」と述べた。同時に、反対する住民の不安に対応するため、政府による地域への徹底した説明を求めた。

 一方で与那国配備についての自らの考えは「専守防衛のため自衛隊の存在を理解しているが(部隊の)場所は自衛隊の戦略もあるので私からは言及できない」と述べ、配備に対する評価を避けた。いずれも砂川利勝氏(自民)への答弁。