【東京】岸田文雄外相は3日の衆院予算委員会で、名護市辺野古の新基地建設に反対し抗議する市民らが米軍キャンプ・シュワブゲート付近に設置しているテントを国が撤去するよう指導していることに関して、「米軍からテントの設置によりキャンプ・シュワブ内の安全が阻害されているとして、撤去の要請があった」と述べ、米軍の意向を受けた上での撤去要請であることを認めた。

 その上で「政府として道路管理、米軍施設区域の管理の観点から、沖縄総合事務局北部国道事務所と沖縄防衛局からテント設置者に対してテント撤去の指導や警告を実施している」と説明した。赤嶺政賢氏(共産)への答弁。