倒壊の危険があると診断された施設がある市町村は、速やかに危険性を住民に説明すべきだ。ホームページや広報誌など一方的な通知だけでは高齢者や障がい者、外国人、貧困層の人たちに情報が届かない場合があり、逃げ遅れにつながりかねない。