【名護】稲嶺進名護市長は4日開会の市議会3月定例会の施政方針で、米軍普天間飛行場の市辺野古への移設について「沖縄の民意を無視した行為が国によって強行されている」と批判し、「あらゆる手段を用いて新基地建設阻止に向け断固として取り組んでいく」と述べた。

新基地建設阻止の決意を述べる稲嶺進名護市長=4日、同市議会

 稲嶺市長は「今後も多くの困難が予想されるが、県知事、国会議員、県議会議員、市議会議員と心を一つにし、市民とともに断固たる決意をもって新基地建設反対を訴えていく」と強調した。

 沖縄が置かれている状況について「戦後も安保政策、日米同盟の名の下に、何も変わらないばかりか一層ひどい扱いを受けていると感じるのは、私一人ではないと思う」と指摘した。